On the road again Jan-Feb 2018 (8) Koh Lipe Thailand

世界には、信じられない美しさを持つ場所がある。

ずいぶん前に初めて行ったタヒチ。
日曜日の昼下がりに、海岸沿いを歩いていたら、民家の庭からギターに合わせ、家族で歌う声が聴こえて来た。

タヒチはもちろんとても美しい島々なのだが、僕にとっての美しさは、その陽気に歌う歌声と、垣根に咲いていた花の香りと共に思い出される。

世界の美しい場所は、その場所が持つエネルギーだけではなく、そこにいる人々が持つバイブレーションが大きな居心地の良さを作り出す。

そうしてその場所に立ち、自分で触れるからこそ、記憶と感覚の中に染み渡る。

先日まで滞在していたタイのリペ島(Koh Lipe)。

場所はマレー半島の西側、タイとマレーシアの国境近くにあるランカウイ島から、スピードフェリーで西北に1時間半ほど進んだ先にある小さな島。

サンライズビーチ 太陽はこの海から上がってくる

ランカウイ島はマレーシアだけど、リペ島はタイ国。
ということでタイ国内の移動ルートとして、バンコクからハジャイというところまで飛んで、パクバラ港まで車でいく手もあり。

笑美さんが持っているのは、動画用ジンバル。
動いても、ブレを修正してくれる。

僕はここ数年、毎年この時期にこの島へ行っている。

初めて行った時、この島の海のクリアさに驚き、ジリジリと照らす太陽と開放的な雰囲気も相まって大好きになった。

毎回この島で、僕がすること。
それは、太陽を浴びること、海で泳ぐこと、出会う人々と話し、歌うこと。

それが全て。

Geeと。
ボートツアーに出た帰り。

ここでは、この島の美しさと共に、集う人々の時間が流れる。

水平線
仲間たちと豪華ボートにお誘いされて

世界は広く、見たことのない場所、歩いたことのない場所はたくさんある。
せっかく命があるのだから、経験してみたい。

そこにある時間を。。。