自然へ帰る旅 ー(4)水はどこから?ー

湧き水の出る場所が森の中にあるとのことで、散策がてら連れて行ってもらいました。

数百年前に記された文献によると、1590年頃この森の中には小さな村があり、わずかな田畑を耕し生計を立てていました。しかしその厳しい冬の寒さにより、徐々に村人はこの地を放棄し、いつの日にか誰も住まない場所になり現在に至るそうです。長い年月の中でかつての住居は風化し、その跡さえ全くありませんが、美しい湧き水は今も変わらず流れ出ていました。

いくつかある湧き水のひとつは、緩い斜面に倒れた大きな木の下から出ていました。

手ですくい飲んでみます。その味はクリアな朝の空気のよう。

新鮮ってこういうことなんだよな。手を加えていない自然な水の味ってこうなんだよな。水場のそばに作られた小さな「ほこら」からも、その命の源へのありがたさを感じます。

水って、人間として、または多くの生物にとって、必要不可欠なものですよね。それは自然の循環の中で浄化され、大きなサイクルを巡り巡っています。

なので何かしらの理由で浄化が出来ず、汚染されたり、地中で淀み腐敗したりすると、その地の木々は病に冒されたり、朽ちてしまいます。またそうした森に住む生き物にも悪影響が出ます。

ということを、去年、八ヶ岳やつはドームハウスにて行われた、杜の園芸の矢野智徳さんによる「大地の再生講座」に参加し学んだことを思い出しました。

空から降る雨により、この生い茂る緑は生き続ける。その雨水は地中に浸透し奥底を流れる。そして再び地上にその姿をあらわす頃には、浄化され新鮮な生きた水となる。水のある場所に人は住み、食べ物を作る。

地に根を張り栄養を吸収した木々。人はそこになる果実を食し、またその木々で火を起こしたり、家を作る。

野生の動物もまた、その湧き出た水を飲む。人はその肉を食し、時にはその皮を着る。

こうした命の循環。
水を共通項としたそれぞれの命と役割。

緑の森の中に立ち、湧き出た水を飲みながら、その壮大かつシンプルな循環を思いました。

生命の根源である「水」
とても大切なもの。
これからも大事にしていかなくては。