自然へ帰る旅 ー(1)野生の世界ー

深い森の中。
ようやく車が一台通れる幅のダートをしばらく走り、これから数日滞在する建物にたどり着いた。

車を降りて、荷物を持ち、滞在する丸太小屋まで歩くと、堆積した枯葉や刈られた草木で、土はフカフカと柔らかい。笑美は早速、靴を脱いで歩き始めるが、秋に落ちた栗を踏み「イテテ。。。」と驚いていた。

都会では、空も海も地面も地中も、人間が主役として街を形成しているが、森の中は違う。

オーナーのナイジェルと娘のアニカ、そして笑美と僕。たった4人の人間に対し、ここでは数え切れないほどの様々な鳥や動物、そして昆虫と、生い茂る緑。圧倒的な数の命が取り巻いている。

そうした野生の生き物の存在が、黙っていても、視覚、聴覚、嗅覚、手触り、温度から感じられる。まるで水に潜った時のように、身体と心、全体を覆い尽くすのだ。

人間は、その持つ理性と知性によって、動物との間には差異を持っている。しかし、一歩自然の中に入り、野生のルールに従ってみると、それにどれだけの意味があるのだろうか?と気がつく。ここでは、共存するしか道がないのだ。

そうして、人工的になった自分の意識を、再び野生に戻すことが、今回ここへ訪れた目的。

 

吸う空気、飲む水、食べる食物。口から取り入れるもので、人間は生きているのですよね。では、その取り入れているものの「質」は?お腹がいっぱいになることで「気持ちが満たされる」のであれば、何を食べることで「身体が幸せになるか」も考えたい。そう意識するこ...