「写真の意味」と 「ポートレート撮影 in 京都のお知らせ」

写真というものに意味を見出すのならば、そのひとつは「残る」ということ。

その時間、その時の空気。
カメラの前にいる「今」は、写真が残る限り、いつまでもその時を思い出させてくれる。

僕にも、そんな写真があります。

赤ん坊の頃、母親と化粧台の鏡で撮った、今でいう自撮りの写真。

 

父親が撮った、当時住んでいた小さなアパートの廊下で撮った、幼稚園生の頃の写真。

高校の同級生と組んでいたバンドでのライブ写真。

 

そしてここに載せている、撮影スタジオでのスタジオマン時代の写真。

他にも沢山の、かつてそこにあった「今」の写真を持っています。

たとえその過ぎてしまった時間が、記憶の先のおぼろげな残像になっていたとしても。

それでも僕は、そこにいた。
それでも僕は、その人とそこにいた。

そんな風に、その時を思い出させてくれるのです。

写真を撮りませんか?

そのままのあなたの写真。
あなたとあなたの愛する人の写真。
あなたと家族の今の写真。

そうしたポートレート写真を、僕たちと撮りませんか?

日程
8月20日、21日、24日にてご都合の良い日

所要時間
1時間
(撮影40分セレクト20分)

場所
京都市左京区にあるギャラリー内(交通費ご負担にて、ご指定の場所にお伺いすることも可能です)

納品写真
その場で、デジタルデータ5枚をアップロード
後日、六つ切サイズプリントにて1枚を送付

価格
30000円(税込)

ご希望の方は、

info@hiroshisugawara.com
までメール下さいませ!