「ハッピーバースデー♪」【命の洗濯@八ヶ岳2019】第一回目を開催しました③(ラスト)

命の洗濯@八ヶ岳2019

②はこちら

夜中の3時まで語り合い、更けていった一晩目の夜を明けて、、、2日目の朝は、いよいよ今回のリトリートの目玉、アサオカローズさんの「ローズ摘み&ローズウォーター蒸留体験」へ向かいました。 美しい南アルプス山脈を望む、大自然のなかにある蒸溜所。6月の...

どんなアクティビティーよりも深く染み入り癖になる、と、
参加してくれた多くの方がおっしゃるのが、滞在しているログハウスの森高くにある、沢の散歩。

 

実はこの森、縄文の時代から、人間が住んでいたことが記録されています。

ずっとずっと、生き物すべてを生かしてきた水。

塩素消毒も必要ない、薬品も人の手もまったく入っていない自然の水。

白湯を頂き、料理で頂き、コーヒーにして頂き、シャワーを浴び、湯船に浸かり、、、

そうして3日間、水道の水から離れ、「生きた水」に触れ続けることで
わたしたちの何かが目覚め始めるのは、考えるよりずっと、想像に難くないと思いませんか?

 

沢の散歩は、この森と水を大切に守ってきてくれた先人たちへの
感謝のご挨拶でもあります。

時々、「リトリートを行っている場所はどこですか?教えてください」というメッセージを頂くのですが
ここに住んでいる人も、またここを案内するわたしたちも
ここへ来る必要(ご縁)がある方にだけ知ってもらえればいいと、安易にお知らせすることはしていないのです。

水は、とても大切なものです。

古くは縄文の時代から、今はこの森に家を立てた7軒の家族が、ずっとずっと守ってきた水です。

フラッとやってきて、お金を支払えば、手に入れられるものでは、ありません。

わたしたちは、その「清さ」を大切にしています。

そういう心持ちでいる方と、この「恵み」を身体いっぱいあずかりたいと思っています。

 

沢の水へ、足をつけます。

ぎゃー!つ、つ、つめた~い!!

あまりの冷たさに、全身が震えます。

そりゃ、祈る気持ちにもなってきます(笑)

そうして、その「清さ」に、心身が慣れると
身体からスーッと何かが抜けていきます。

頭がシャキッとし。

目がぱきっと開き。

光がまっすぐに、森に注ぎ。

今まで見ていた世界が、変わって見えます。

 

 

夜は、キャンプファイヤーを囲んで、思い思いに語りました。

都会では見ることのない大きな火は、本当に、暖かく、力強い。

そしていろんな物を、燃やし、昇華させます。

人の間で生きる上で、こうでなくちゃと思ってきたこと。

そういうことはしちゃいけないんだよ、と思ってきたこと。

実際の肉体の、滞った血液や油分、水分。

いろんな凝り固まったものを、火を見ながら溶かしていく時間。

 

そして最終日。

参加者の一人、いつみちゃんのお誕生日が近いと知って、みんなでお祝いをすることに♪

ハッピーバースデートゥーユー♪
ふううー!
すご~く嬉しそうな、いつみちゃん
祝う方も嬉しくなる時間

毎年、毎年、誰にだって来る誕生日。

若い頃は、こうしたお祝いに、ちょっと嫌気が差していたころもあるわたし。

でも、、、今は、すごく嬉しい。

誰かのお誕生日を祝えるということが。

その人の笑顔が見れるということが。

優しい人が、生きていてくれる、ということが。

 

3回に渡って綴りました2019年初のリトリート、命の洗濯@八ヶ岳2019

最後のプログラムは、ポートレート撮影。

自然の中で行うリトリートではありますが
本当の意味の、人の居場所は、人の中にしかありません。

自分が、ここに居たということ。

この人たちと、いい時間を過ごしたということ。

写真を見ることで、思い出してもらえるといいな♡

 

日常で、少しすり減った神経も、鈍った感覚も
3日間という短くも濃い時間の中で、自然に潜り、人と交わり、
穏やかに癒やされ、感化されたことと思います。

 

また会いましょう♡

いい時間を、ありがとうございました。

 

いただいたご感想

私たった3日間でも、すごく身体が元気になって、 ここ数年の身体のだるさがウソみたいになくなってるんです♡ フシギ♪

・・・

八ヶ岳の自然、そして美味しいお水や食べ物、体いっぱいに受け取りました。

この3日間は私にとって、これからの生き方を見直すいいきっかけになったように思います。

・・・

笑美子さんとひろしさんが温かく見守ってくれたお陰で、のびのびと、心地良く過ごせました!

本当にありがとうございました^^