「夢のような時間でした」【命の洗濯@八ヶ岳2019】第一回目を開催しました①

先週末、7日〜9日の2泊3日で、菅原宏×菅原笑美子リトリート【命の洗濯@八ヶ岳2019】第一回目を開催しました。

 

 

開催の直前に、ちょうど梅雨入りした八ヶ岳。

行楽には、晴れが良しとされがちですが、雨には雨の、なんともいい空気と時間がありますね。

 

集合場所では、ちょっと緊張した面持ちで「はじめまして」「よろしくおねがいします」と挨拶をした5人を乗せて、

まずは腹ごしらえ♡とランチをいただくレストランに向かいます。

 

いつもは屋外で、カンカンの陽に当たりながら食事をするのですが、この日は梅雨の寒い雨だったので、

お店の方が、薪ストーブとランプで暖められた室内の席を用意してくださいました。

 

「ホッとする」「いい香り〜♪」「美味しい〜♡」「すごい強い味!」「生きた食事ってこういうことね〜!」

そんな会話をしながら、エネルギーたっぷりの食事をお腹いっぱいいただくうちに、

ゆるりゆるりと打ち解けていく、みんなの顔と心。

 

もう夜ご飯はいらないね!というくらい、満腹になったはずなのに。。。?

夜ご飯の買い出しにでかけた先では、またもや美味しそうな地元産の食材をたんまり購入したわたしたち(笑)

 

みんなで料理して、いっただっきまーす♫

メインの鶏肉に味付けをしてくれたふたりが、みんなからの「美味しいー!」に、ハイタッチのシーン♡

 

雨降る一晩目の夜は、ゆったりとした時間が流れていきます。

日本全国から集まる、このリトリート。

 

どこから来たの?どんなお仕事をしているの?といった自己紹介から始まって

人生を変えたいと思い始めているんだけれど、まだどうしていいかわからないの、なんて話。

ここしばらく身体に違和感があるんだけれど、少しずつ身体の事を勉強しているの、なんて話。

前回、参加したときに話していたパートナーと、結婚したの、なんて話。

 

嬉しかった話。
楽しかった話。
ホッとする話。

そういう話がいっぱいの中にも、それぞれの悩みや葛藤、克服しようと頑張っていることなども、語り合い、
また、聞き合える時間になりました。

 

わたしたちは時々、特に初めて会う人の前では、ちょっぴりかっこつけてしまったりする。

うまくいっているように、出来る人間であるように、振る舞ってしまったりする。

でも、本当は、うまくいかないことも、できないことも、みんなそれぞれに、やっぱりある。

だって問題って、相対的なものだものね。

できることがあるから、できないことが生まれる。

 

ただ、そういうことだからこそ、ただ、シェアできたらいい。

ハッピーなことも、アンハッピーなことも
外にだすことで、風になり、何かを運ぶ。

だからなんでも、出したらいい。

出しきれば、必ず進めると、わたしはいつも思ってる。

こういう時間を過ごせる相手とは、うまく言葉にはできないけれど、安心からくる温かい絆ができていく。

そうして更けていった、一晩目の夜。

 

②へ続く。。。

①はこちら夜中の3時まで語り合い、更けていった一晩目の夜を明けて、、、2日目の朝は、いよいよ今回のリトリートの目玉、アサオカローズさんの「ローズ摘み&ローズウォーター蒸留体験」へ向かいました。 美しい南アルプス山脈を望む、大自然のなかにある蒸溜所...

 

ご感想(1)

夢のような時間で、 まだ今も頭がボーっとしています

・・・

笑美子さんとひろしさんが温かく見守ってくれたお陰で、のびのびと、心地良く過ごせました!

本当にありがとうございました。

・・・

本当に素になってしまった3日間で、皆さまに甘えっぱなしでしたが、

こんなにリラックスできる場所が世界に存在するんだという嬉しさで、満腹満足でした♡

・・・

なんか感無量・・

すごく豊かな時間を、皆さま本当にありがとうございます(´ω`)