One day One photo #Week 46* 190311-190317

190311 (Mon)

世の中には手を出してはいけない事柄があると思う。

真っ先に言えるのは命。

命が奪われる可能性のあるものは、止めなければならない。

そこに経済の仕組みは関係ない。

誰かの利益なんてもってのほか。

世界からひとつでも悲しみを減らす努力。

喜びの世界とは、悲しみを減らすところから。

 

 

*************

190312 (Tue)

2年半前に購入した笑美の MacBook Pro。

とうとうディスプレイが点かなくなってしまった。

 

最初は購入一年しないうちに、キーボードがぬるく熱を持ち、いくつかの文字が滲み判別不能に。

アップルの見解としては、個体としての問題で、使用条件(爪などによる傷)による可能性があるので保証できないとのこと。

笑美は爪を伸ばしていないし、そもそもそんなにハードにこのマックを使っていないんだよね。

ただ銀座のアップルストアには、こうした問題がいくつも上がっていたので、店舗対応で滲んだキーを中古で問題のないものと取り替えてくれてた。

それでも、キーボード自体は変わらず熱を持つので、他のキートップも滲み。。。というか溶けた状態で使っていた。

 

そんな中でも騙し騙し使っていたのだが、数ヶ月前にMacBook Proのキーボード問題で、(アメリカで訴訟問題になった末に)リコールが起きました。

もちろん笑美のMacにも同じ症状が出ていたのですが、数日前にはとうとうモニターまで真っ黒に。

 

アップルストアで見てもらうと、ロジックボードが熱を持っているから、これの可能性もありとのこと。

それじゃ、1年未満の段階から、すでに不良品だったわけじゃん!

となるのだが、そこは受け入れられず。

。。。というわけでご入院。

 

写真は、モニターはつかないが、HDMIは生きているのを発見し、プロジェクターで映して仕事している図。

 

 

*************

190313 (Wed)

さて昨日に続く、MacBook Pro 問題から思ったちょっとしたこと。

アップルの対応は、まあ相手は製造メーカーだし、こんなものなんだろうなって諦めムード。

ただアップルストアの人から「Apple社も以前とは違い、時代の流れに合わせる必要があり、iPadと同じようにMacBook Proも2−3年で買い替えるものです」と(笑美が)言われたのに大きな違和感。

これって製造メーカー自ら「ウチの製品の品質は落ちてますよ、それで問題なら延長保証を買ってね」ということ。

 

僕はモノは長く使いたいと思っているので、進歩の早いコンピュータだって、少なくとも5年は使いたい。

そのために、安いバージョンではなく、スペックを上げた構成のものを購入している。

しかし、このアップルストアの人の言い方からすると、一番安いバージョンで早くに買い換えた方がマシとなるのかな?

(僕の場合、映像編集をするのでスペック高くないと無理だけど)

 

というわけで、人生初めてアップル製品以外のコンピューターを調べ始めています。

iPhoneは、すでに3年以上前に辞めました。

理由は、そんなに高額な携帯電話を必要としていないから。

 

そしてもっと大きな理由は「アップル製品でなくては」という縛りから抜けたいから。

「これでなくてはいけない」という固定した考え方って、閉鎖的だし自由を失っている状態だと思うのです。

 

道具はあくまでも道具。

品質、値段、企業理念、スタイル。

購入することは、選択することであり、その商品を支持しているという意思表明にもなります。

ものはよく考えて購入したいし、必要のないものは買いたくない。

踊らされた消費者にはなりたくないからー。

 

写真は、八ヶ岳のシェアハウスでの、今日のオフィス。

配線やデバイスが多くて、ちょっとウンザリ。

 

 

*************

190314 (Thur)

ハルブレインが亡くなった。

90歳だったそう。

アメリカ西海岸、名うてのセッションドラマー。

数々の名曲で独自のドラミングを披露してきた。

 

太陽が沈むたびに、雲が流れるままに、時間は過ぎていく。

「儚くもいい人生だった」

そう言える時間を過ごしたい。

 

 

*************

190315 (Fri)

八ヶ岳にある、森の中の隠れ家カフェにて。

マスターと、元シェアハウス同居人であり森のマイスターである岩崎さんと。

八ヶ岳。。。自然以上に集まる人たちが個性的。

個性的イコール、合う人と合わない人がいるってこと。

そのくらいハッキリしている方が面白い。

 

 

*************

190316 (Sat)

暖かくなってきたとはいえ、相変わらず最低気温は氷点下。

こっち在住の人に聞くと、0度はすでに暖かいらしい。。。

まあ、そんなこと言われても、陽が暮れればやはり寒いのだ。

 

 

*************

190317 (Sun)

3月17日 八ヶ岳にて
 
お昼頃に雪が降ってきました。
 
柔らかく静かに降りてくる雪。
 
落ちてはしばらくし、何もなかったように消えていきました。
 
お店では、ふきのとうも売り始めています。
 
春までもう少し。

 

 

*************

来週も引き続きの八ヶ岳滞在。

静かに毎日を過ごしています。

月曜日からは week 47 へ。

190318 (Mon)八ヶ岳のペンション街を抜けた先に、あまり人が入っていない道を発見。踏まれていない雪が残る道を歩いて、雪を実感。中々タイミングが合わず、せっかくの標高1300メートルでも、雪を感じる機会が少なかったのです。もうこれでこの冬の雪は終わりな...