笑美さんモデルから転身!

アシスタントの田草川くんが、どうしてもスケジュールが合わないとのことで、

広告撮影の現場に、笑美さんが初の「アシスタントとして」登場!

 

今回の撮影はセッティング時間に余裕があり、技術的に複雑な内容ではないので、

人手として来てくれて、Macが使えればOK(僕が撮影中にMacで写真を確認してもらうので)。

笑美さんはすでにフォトセッションで、いつも手伝っている(鍛えられている)ので問題なしに作業できるのです。

 

しかし撮影が始まれば、そこは本職。

アシスタントである以上に、モデルからの視線で動きを見たり、場を明るくしたりと夢中になっていました。

時には、率先して僕以上に仕切ったりしていたので、その話で待ち時間にはスタッフみんなで大笑い。

とても暖かな、楽しい雰囲気で行われました。

 

この撮影は、毎年川崎市で行われている「フェスタサマーミューザKAWASAKI」というクラシック音楽の祭典のもの。

僕はここ4−5年続けて撮影しており、毎回クラシックの演奏家の方々に「あること」をして撮影しています。

「あること」はポスターを見てのお楽しみ。

https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/