One day One photo #Week 28* 181029-181104

毎朝8時に、写真と小さなコラムをお届けしています。

 

*************

181029 (Mon)

徐々にそして確実に、陽は短くなっています

。。。つまりロケ撮影は「巻き進行」

時間との勝負になるのです

 

 

*************

181030 (Tue)

パッタイ。

タイで食べられる米粉の焼きそば。

 

郊外にある安宿のおばあさんに、近所で夕食が食べられるところを訊いたところ、

「もう遅いから、みんな閉まってるのよねー」

といいながら、夜の9時でも空いている食堂を教えてくれた。

 

教わっている内に、小雨が降り出してきた。

おばあさんは中から傘を2本出してきて、

「ちょうど帰り道だから、案内してあげる」

と、一本の傘を僕に渡して歩き始めた。

 

その夜は、近所の家族が楽しそうにする食堂の壁際の席で、

僕はパッタイとビールの食事を取った。

 

 

*************

181031 (Wed)

ハロウィン用のカボチャ。

シェアハウスで一緒に住む女性から教わった。

これらのカボチャは、観賞用で食べられないのだそう。

つまり食べられることよりも、大きさが大切なわけ。

 

ハロウィンもクリスマスもバレンタインも。

みんな宗教に基づくお祭りだよね。

僕はイベントって、ひとりの人間の日常に、そんなに沢山要らないと思っている。

恵方巻き食べるとか、全く僕とは関係ないと思っている。

 

誰かが作ったイベントで、みんな一緒にというノリではなく、

自分の意思を持って、手に収まる大きさの、大切だと思えることだけを大切にしたい。

 

 

*************

181101 (Thur)

八ヶ岳のシェアハウスは、最低気温が氷点下に入った模様。

今年はいつもと違う冬を過ごせそう。

 

 

*************

181102 (Fri)

本当の意味の優しさとは、強さを持ちながら、弱さを理解できること。

嬉しいことも、悲しいことも、つらいことも。

全ては経験であり、その経験を基にするからこそ、本当の優しさの意味を知る。

 

僕はまだまだ道半ば。

 

 

*************

181103 (Sat)

天井を見上げた

天井は「どっちだっていいよ」と言っていた

 

 

 

 

*************

181104 (Sun)

感じることは、本当に大切なことだなって思う。

感じる自由を束縛する全ての敵は、心の中から追い出さなくてはいけない。

それが現実の中にあるのなら、現実からも追い出さなくてはいけない。

It’s really one of the important thing in your life that “FEEL” you could something.

You must banish it from your mind that all of the enemies who try to restrict the freedom that you can “FEEL”.

You must banish it from your reality if it exist in your reality.

 

 

*************

月曜日からは week 29 へ。

毎朝8時に、写真と小さなコラムをお届けしています。 *************181105 (Mon)目的地へ向かうとき。道中を目的へ向かうための時間にするのが好きではなく。。。つまり、目的地へ向かうのが目的なのではなく、道中も旅の一部であり、その時間も...