One day One photo #Week 24* 181001-

毎朝8時に、写真と小さなコラムをお届けしています。

 

*************

181001 (Mon)

昨夜は台風24号が上陸ということで、とても強い雨と風が吹いていました。

夜中の2時頃、写真を撮ろうと思って、住んでいる建物の1階ロビーまで降りてみました。

静まり返ったロビーには、けたたましい風の音だけが聞こえています。

 

それでも人はいました。

ポスト前のソファーには、眠ってしまっているおじさん。

窓に面したソファーには、じっと外を見つめるおばさん。

そして玄関前に立つ、レインコートを制服の上から着ている警備のおじさん。

 

ただただ風と雨の音。

木々は激しく揺れ、路面は雨風でカーテンのように波打っています。

そんな夜中の2時。

みな、それぞれの時間を過ごしていました。

 

 

*************

181002 (Tue)

撮影が続けば、納品もつづく。

納品が続くということは、画像処理やら調整、レタッチも続くということ。

この作業は、部屋で一人で行なっているので、モチベーションの変化が激しい。。。

 

つまり、熱が入っている時もあれば、テンション落ちている時もある。

長いことフリーランスでやっていて、未だこのコントロールができていない。

 

チームで仕事をすることの利点って、そのコントロール役というか、

人目があるってことなのかもしれないなあ。

 

 

*************

181003 (Wed)

昨日撮影をした女性は、いくつかの会社経営をし、好きなものを手に入れ、

パワフルな生き方をしている人だった。

シャンパンが好きで、愛車は白いポルシェのパナメーラでハイブリッドのもの。

 

よく思うのだけれど、人はどんな形でも、それぞれの人生を選択している。

彼女はパワフルに生きて、仕事をし、人生を謳歌するために生きている。

それを望んで、そのために動いて、現実として手に入れてきた。

 

もしもそういう人を見て、例えば「自分はそんなことできない」

もしくは「お金持ちは好きに出来ていいよなー」

と、思うのであれば、それは違う。

 

そう思う人の今は、自分が選んだものなのだから。

 

例えば、寝る間もなく仕事をし、アクティブに動き、好きなものを手に入れる。

例えば、コンビニ弁当を食べ、寝転がってゴロゴロし、テレビでお笑い番組を見ている。

 

どっちの人生であっても、自分が選んだもの。

自分で選んだということは、自分にとっての幸せは「そこにある」のだ。

 

自分の人生を認める。

この意識を持つと色々なことが見えてくる。

 

憧れとは、希望。

 

言い訳をせずに、今の自分を認めてこそ、初めて憧れは行動となる。

今の自分は、どういう人間なのか?

自分を知り、自分を認めることが、憧れに近づける最大の原動力。

 

卑下をするのではなく、ダメだと思うのでも、無力に思うこともなく、比較もなく。

全てを「そうなんだ」と認めることこそが、人生を変える最初の一歩。

 

 

*************

181004 (Thur)

いかに増やすかではなく、いかに減らすか

沢山ではなく、優れたひとつ

惰性ではなく、選び抜いたもの

ひとつあれば十分という、選べる力

 

 

*************

181005 (Fri)

八ヶ岳で部屋を借りているシェアハウスの庭に、4メートル弱ほどの小さな「かえでの木」があった。

他の木の葉が少し黄色がかってきた頃、このかえでの葉だけは、真っ赤に色づいていた。

 

しかし先日の台風で、強い風が吹き荒れ、止んだ頃にはこの木は倒れてしまっていたそう。

かえでとしてはまだ小さく、枝も伸びておらず、ブロッコリーみたいな形をしていた木。

 

ここに写真は残っているが、こうして見上げながら撮った数日後に、この木は死んでしまった。

長く残るもの、短く消えるもの。

すべて自然なんだよな。

 

 

*************

181006 (Sat)

日本舞踊家、三代目花柳寿楽さんの撮影で国立劇場へ。

もう半年近くになるかな、色々と撮影させてもらっています。

 

伝統と現代。

文化の継承。

 

様々な良きものは、時間とともに形を変えていきます。

形が変わらない方が不自然で、だからこそ「その時、そこに、そういうものがあった」

というものは残していくべき。

それが歴史というものを、文化というものを作っていく。

 

今回の演目「茨木」の初演は明治14年だそう。

明治14年に、そこにいた人たちが楽しんだ演目を、平成30年にこうして鑑賞できるのって

とても豊かな気がします。

 

古いと新しいは、二つが別々に存在するのではなく、

黒と白のように、その間はグラデーションとなっている。

 

 

*************

181007 (Sun)

前日は舞台稽古を撮影、そして土曜日は久しぶりに客席から鑑賞してきました。

客席はいっぱいの人で、客席の入りもまた熱として会場を元気にさせるのでしょう。

なんだか元気になった舞踊でした。

 

帰りに駐車場を出ようとしたら、車がパンクしていました。

僕のクルマは古いので、故障はよくあるのですが、いつも路上とか信号待ちとかではなく、

駐車場や家の近所で症状が出たりします。

今回も運良く国立劇場の駐車場内にて発生。

保険会社のロードサービスを呼び、タイヤを外してもらい見てみると、タイヤの接地面に

釘か何かを踏んだ穴が空いていました。

 

そろそろタイヤも交換の時期になっていたので、これがタイミングだと教えてくれたみたい。

 

*************

月曜日からは、week 25へ続きます

毎朝8時に、写真と小さなコラムをお届けしています。 *************181008 (Mon)この One Day One Photo かれこれ25週目に入りました。毎朝8時アップなんて、ちっとも出来ていませんが。。。無理をする気もないので、温かく見守ってください(...