【ポートレート撮影をしました】命の洗濯@八ヶ岳2018 

命の洗濯@八ヶ岳では、最終日におひとりずつポートレート撮影をします。

わたしたちの本職は、やっぱり「写真」。

ポートレート写真とは、知らずに切りとられているスナップ写真と違って、しっかりと自分が写されていることを理解しながら、撮影する写真です。

写真が持っている大きな力は、自分で自分を見るからだと思っています。
自分を見るって、いろんな気持ちが渦巻くけれど、フォーカスを当てなくちゃ、手に入らない宝物ってある。

あの日あの場所に、確かに存在した自分自身を、写真に残せるってとても素敵なこと。

写真を見れば、いつだってこの夏の鮮やかな記憶が蘇る。
写真を見てもらえれば、いい時間だったんだね、と、伝わっても行く。

恥ずかしい気持ちもあるけど、でも、こっそり何度も見てしまいたくなる。

そんな「ひとりひとりを写す」ポートレート撮影。

2018年の、あったかい思い出になるといいな♡

 

みなさんからのご感想

自分の写真を見て感じたこと。。。。

3枚のうち2枚は、全くカメラを気にしていない「素」の自分。。。
いわゆるカメラを意識する前の「繋ぎ」の「顔」なんだけど、この写真がとてつもなく私の心に響きました。
この感動はフォトセッションと同じくらい。

この顔、私は見ることができなくて(カメラ目線はなんとなく鏡で見れるので想像がつく)、こんな風に人からは見えるんだなぁと不思議な感じがしたこと、そして何より嬉しく感じたことは、とても温かい視線で写してくれている。。
温かく見守ってくれている感じがして、もう泣きそう(*T^T)

この写真をピックアップしてくれた宏さんと笑美子さんの気持ちがとても、とても嬉しかったです。(もしかしたら他の写真は 全部半目なのかも知れないけど(笑))

一人で頑張ってるんじゃないんだと、みんながこんな風に私を見守ってくれているんだと、次々と波紋が拡がるように何度も何度も響いています。

髪の毛ボーボーで、顔も化粧水すらつけてなくしわしわで、みんなのように肌に張りもない私だけど(笑)この写真、めっちゃ好きです!

宏さん、笑美子さん本当に、本当に、ほんとーにありがとう♡

・・・

わたし、いまの自分の顔が どうしても受け入れられなかった。
顔ってゆうか、髪型だな。
抗がん剤で髪の毛全部抜けて、1年がかりでやっとここまで伸びてくれたんだけど、好きでこの髪型にしてるんじゃないから。

これまでは 自分がしたい髪型にしてきた。
いつもいつも 自分のしたい髪型にしてきた。
したくない髪型なんかでいたことなかった。

でも、癌になって初めて強制終了になり、いまは髪型も選べない。
毎日毎日 鏡のまえで 必死に 髪の毛をいじって
どうやったら よく見えるか?
ベリーショートのオシャレな人達の写真を探して集めてイメトレいっぱいしながら。

それでもいやだった。
嫌いだった。
恥ずかしかった。
なるべく人に会いたくなかったこんなわたし イヤだった 泣

でもこのリトリートに参加して写真撮ってもらって
撮ってもらった 写真みて 初めて 「 悪くないやん」 「大丈夫や」 「まぁ、まぁ、かわいいかな?」って 思えるようになった。

宏さん、えみこさん、本当に ありがとう
みんなも ありがとう。

・・・

好きなものも、美味しいものもわからなくなって…気づいたら笑う事すらわからなくなって…身体壊して…2年もがいてた。

自分に戻ろう!
戻りたい!
そう思ってても 本当に戻ってるのかわからなくて…
笑美子さん 宏さんと出会って少しずつ思い出してきて…泣ける〜
リトリート行って みんなと出会って すごーく安心して自分を出せて…気づいたら頭で考える事をしてなくて、自分のままにしゃべって笑ってた!

いつも鏡みて シミとそばかすだらけの顔…くすんだ肌…シワ…どう隠しても 隠せなくて…こんなんでパートナーに出逢えるかなって思って寂しくて泣きたくなってた。

でも みんなに見守られながら おふたりに撮ってもらい選んでもらった写真の私は、生涯で一番かわいかった。
今の私もいいなって思えました。
まだまだイケる!笑

あー!涙が止まんない!ワーン

本当に笑美子さん 宏さん
そして みんな ありがとう。

・・・

ポートレートありがとうございます。
写真館や集合写真とは全く違う初めての自分を発見しました。
人からはこんな風に見えてるのかな。

見た瞬間、「私はいつから写真は可愛く、美しく映るもの」と思っていたんだろうと感じました。
可愛くと言うのは多分、雑誌のモデルさんや芸能人の様な美しい姿。(思春期に見すぎたのかな)
この思い込みは一体いつから私の中にあったのか。
カメラは目の前にある物を写すだけ。
突然、別人にはなるはずないのに。
だから今までカメラが嫌いでした。理想や思い描く姿と違う自分を見たくなかったからかなと思います。

でもこれは、私の全てに当てはまるんです。

病気も、少しなにかを変えただけですぐに良くなるはずと言う過度な期待
朝目覚めたら、努力せず何故か英語がペラペラになっているはずと言う理解不能な思い込み
写真も可愛く、美しく映るはずと言う思い込み
などなど…Σ(゚д゚lll)

私の人生、思い込みでやってきたんじゃないかと思うくらい…笑
それで幸せならよかったけど、私には違ったのかもしれません。

この夏の出会いは、私の人生の宝物です。

・・・

ステキなポートレート!ありがとうございます(*^o^*)
宏さんと笑美子さんとのお喋りが楽しくて…
あんな風に自然に笑えていたんですね。

いつも《写真撮ります!》と力んでしまうので、自然な写真に憧れてました。

ステキな自分に出会えて嬉しいです!

・・・

時間が経ってからのレポート、また感じることが違うだろうな、と楽しみです★

・・・

すっぴんじゃないのにとても素の感じがあってちょっと気恥ずかしくはあります(笑)